軟式野球グローブの寿命を伸ばす手入れの方法!【職人芸】

野球道具のはなし

軟式野球グローブは安いものではないので寿命や買い替えのタイミングなども気になるところかと思います。

 

今回はそんな疑問にお答えして軟式野球グローブの

平均寿命や耐久性からできるだけグローブを長く使えるような軟式グローブの手入れの仕方までをお伝えしていきます。

軟式グローブの寿命を伸ばす方法

野球帽をかぶって困った顔をしている男性

軟式野球グローブの寿命や概要

 

まず軟式野球グローブの寿命についてですが、平均で3年間といわれています。

小学校3年生でグローブを買ったら小学校を卒業するころには買い替えるくらいの寿命しかありません。

「3年で寿命がくるなんて早いなぁ~~」と思う方もいらっしゃると思います。

 

それもそのはずで、軟式野球グローブのお値段はお財布に優しいものではありません。安いものなら5,000円程度で買えるものもありますが、高いものになると30,000円を超えたり、ポジションによっては40,000円以上するものもあります。

また軟式野球グローブはポジションやメーカーによって様々な種類が存在します。ポジション別だと、ピッチャー用グローブ、キャッチャーミット、ファーストミット、内野手用グローブ、外野手用グローブと別れており、自分のポジションにあった軟式野球グローブを購入する必要があります。

※内野手用グローブはさらに細かく、サード・ショート・セカンドとそれぞれポジションに特化した軟式グローブが存在します。

詳細は後述しますが、ピッチャーだったのにキャッチャーをやることになったという場合はもちろんグローブを買い替える必要があります。

またメーカーによっても種類は異なり、有名なところだと、mizunoやZETT、久保田スラッガー、SSKなど数えていたらきりが無いほどたくさんのメーカーが存在します。今はmizunoが好きでも、先輩が久保田スラッガーを使っているから羨ましくなったということもあるかと思うので、軟式野球グローブを買うときは自分が本当に好きなメーカーを選んで買うようにしましょう!

軟式野球グローブの方が手入れは簡単!軟式野球グローブと硬式野球グローブとの違い

 

次にお話するのは軟式野球グローブと硬式野球グローブの違いについてです。

そもそも日本の野球には軟式野球と硬式野球の大きく2つがあります。すこく簡単に言うと軟式野球は主に小・中学生、社会人の草野球チームが行い、硬式野球は主に高校生が行います。

※高校生の軟式野球部もありますし、小中学生で硬式野球を行うチームもあります!

もちろん単純に名前が違うだけではなく、軟式野球と硬式野球では使う道具も変わります。

特に大きく変わるのがボールです。軟式野球のボールは軟球、硬式野球のボールは硬球と呼ばれその名の通り軟式野球のボールのほうが柔らかいです。

 

勘の良い方はお分かりかと思いますが、硬式野球のボールのほうが固いということは硬式野球のグローブは軟式野球のグローブよりも固い革で作られています。

そのため軟式野球のグローブより硬式野球のグローブの方が手入れに手間と時間がかかります。

軟式野球グローブの寿命を伸ばすための手入れの方法

軟式野球グローブのお手入れに必要なもの

軟式野球グローブのお手入れに必要なものはネットをみればたくさん載っていますが、正直そんなに高いものは必要ありません。

下記の3点で十分です。

乾いたタオル3枚 押し入れからとってくれば0円
レザーローション500円~1500円くらい
グローブワックス 500円~1,500円くらい

簡単4ステップお手入れの手順と注意事項

軟式野球グローブのお定例の手順と注意事項をまとめましたのでぜひ参考にしてください。

1.まずは軟式野球グローブの全体を乾いたタオルで拭きます。この目的は昼間ついた汚れを落とすことなので、ここであまり強くこすり過ぎると革が傷んでしまいます。またここでは全体の汚れを軽く落として、次のレザーローションで目立つ汚れを落としていきます。

2.次にレザーローションで細かい汚れや1で落とせなかった頑固な汚れを落としていきます。この時は先ほど使ったタオルとは別のタオルを使うようにしましょう。毎日行うことなので、目的別にタオルは分けておいたほうが後々お手入れをしやすくなります。また、間違っても石鹸や水などで軟式野球グローブの手入れを行わないようにしてください。革が痛んで軟式野球グローブの寿命が一気に落ちてしまいます。

3.最後にグローブワックスで軟式野球グローブに油分を追加していきます。この時に最後の3枚目の乾いたタオルを使ってあげるようにしてください。グローブワックス用のタオルを使うことで、軟式野球グローブの革に余計な成分が入ることを防げます。

 

軟式野球グローブの寿命を伸ばすために、高いローションやワックスを揃えたがる人がいますが重要なのは毎日お手入れをしてあげることです。軟式野球グローブは革製品のため、お手入れをしないとすぐに寿命が来てしまいます。

特に雨が降った日などはグローブが痛んでいるので、よく乾かした上でお手入れをする必要があります。

お手入れを続けて軟式野球グローブの寿命を伸ばせるようにしましょう。

軟式野球グローブは寿命以外でも買い換えないといけないタイミングが・・・

 

さて、ここまで軟式野球グローブの手入れの方法に関して書かせて頂きました。軟式野球グローブの手入れは硬式野球グローブの手入れに比べれば手間がかからないとお伝えしましたが、それでも時間をかけてお手入れをしないと軟式野球グローブの寿命は延びません。

軟式野球グローブの寿命が延びるほど大切にグローブを使えば、きっとどんどん愛着がわいてきます。

しかし、軟式野球グローブには寿命以外でも買い換えないといけないタイミングが来るのです。前述したポジション変更のタイミングです。軟式野球はポジションの変更が頻繁に行われます。

小学校4年生の時は外野だったのに、小学校5年生になって急激に伸長が伸びピッチャーをやることになったということはよくある話です。さらにピッチャーは毎試合投げるわけではないので、自分がピッチャーをやらないときには、あまり体力を使わず、身長がいかせるファーストをやらされることもあります。

そうなってしまったら、ピッチャー用の軟式野球グローブだけでなく、ファーストミットも購入しなければなりません・・・

ポジションが変わる度にグローブを買っていてはお金がなくなってしまうので、先輩に軟式野球グローブをもらって、自分でお手入れをしながら自分用のグローブにしていった方がいいかと思います。

軟式野球グローブの寿命を伸ばすためのお手入れグッズ

最後に私が普段使っている軟式野球グローブのお手入れグッズを紹介します。

 

レザーローション

久保田スラッガーレザーローション

税込み600円?くらいで汚れが驚くほど落ちます。私が久保田スラッガーの軟式野球グローブが好きということもありますが、普段からずっと愛用しています。

 

グローブワックス

ミズノ(ミズノ) ストロングオイル 1GJYG52000 1P

先ほどもお伝えしたように値段以上に丁寧に、毎日手入れをすることが軟式野球グローブの寿命を伸ばすには重要になってきます。こちらの軟式野球グローブのワックスは値段もお手頃で大容量で使えるため重宝しています。

 

いかがでしたでしょうか?

高級品である軟式野球グローブの寿命を伸ばすための方法や注意点、どうしても避けられないときの対処法などに関して書かせて頂きました!

皆様が自分の軟式野球グローブを愛情をもって長く使えることを祈っております。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました