少年野球の保護者は必見!子供が軟式野球をやる時の注意まとめ

初心者向けあれこれ

子供がだんだん大きくなり、習い事をしたい、部活をしたいとせがまれる親御さんもいるのではないでしょうか?

軟式野球はサッカーと並んで人気スポーツで、基礎体力やチームプレーだけでなく、戦略を練りながら行うため知性や礼儀なども身につくスポーツです。社会に出てからも上司や同僚が野球好きだと会話も弾むため何かと役に立ちます。

しかし軟式野球に必要なものや、かかる費用、子供が軟式野球をやる上での保護者の方の心構えなどは経験者でないとなかなか分からないものです。

そこで今回は子供が軟式野球を始める前に知っておきたい最低限の準備物や注意点をまとめました。

かわいい子供がやりたいことに打ち込めるようにぜひ最後までお読みください!

 

子供が軟式野球をやる時に最低限必要な野球道具

野球のグローブ

子供が軟式野球を始めたいと言ってきたときにまず必要になるのが野球道具です。

グローブやバットなどは何となく想像ができると思いますが軟式野球の道具はそれだけはありません。

また子供のためにいいものを買ってあげたいという保護者の方もいらっしゃると思いますが、最初からいいものを買うと後々無駄な出費になることがありますので、ここではまず最低限用意するべき野球道具についてお伝えしていきます。

軟式野球用のグローブ

(初めて買うときの目安金額 小学生7,000円、中学生10,000円)

まず初めに必要になるのが軟式グローブです。野球のグローブは軟式と硬式に分かれています。

子供が高校生でなかったり、硬式の野球チーム(リトルリーグやシニアリーグ)に入っていなければ軟式野球用のグローブが必要になります。また軟式野球のグローブにも子供のポジションによって種類があるため、しっかり選ばなければなりません。

間違えて子供がやらないポジションのグローブを買ってしまうと新しくグローブを買い替えなければならなくなり無駄な出費に繋がってしまいます。

「じゃあどんな軟式グローブを買えばいいんですか?」

という声が聞こえてきそうですが軟式野球を初めてやる子供や保護者の方にぜひおすすめしたいグローブがあります。

 

それがオールラウンダー用のグローブです!

 

おすすめしている大人の女性

 

なぜおすすめかと言うと、

軟式野球には9つのポジションがあるのですが、このオールラウンダー用のグローブはその中で7つのポジションに対応することができるからです!

また残りの2つのポジションはキャッチャーとファーストというポジションで、子供が入部していきなり任されるポジションではありません。そのためまずはオールラウンダー用のグローブを買っておけば軟式野球におけるほとんどのポジションに対応することができるようになります。

また軟式野球を始めてすぐは子供のポジションが確定しないため、オールラウンダー用のグローブを買っておけばしばらくは余計な出費を出さずに対応をすることができます。

 

軟式野球用のバット

(初めて買うときの目安金額 小学生5,000円、中学生9,000円)

軟式グローブと同様にバットにも軟式野球用のバットと硬式野球用のバットがあります。

子供が軟式野球をやるのであれば、こちらも軟式野球用のバットで問題なしです!軟式野球用のバットを買うときに考えなければならないことは重さです。子供がまだ小さいのであれば、無理に重いバットを買ってしまうと、スイングが崩れてしまったり場合によっては腰や腕を痛めてしまうことになります。

 

子供はかっこいいバットや重いバットを欲しがると思いますが、保護者の皆様はまずは子供の身体に合ったバットを買ってあげてください。

また軟式バットはさらに細かく、少年軟式用と軟式用に分かれますが大まかに小学生なら少年軟式用、中学生なら軟式用のバットを用意すればいいと思います。

 

さらに軟式バットには金属バット、木製バット、ビヨンド(バットの中心部がゴム製のもの)バットなどがありますが、子供が初めて軟式野球をやるのであれば金属バットがいいと思います。所属するチームにもよりますが木製バットは使用頻度が低く、ビヨンドバットは値段が高いためチームで保有しているところが多いです。

心配であればバットに関してはしばらく同じ野球チームのメンバーのものを借りたりしながら自分に合うものを見つけて買ってもいいかもしれません。

 

軟式野球用のスパイク

(初めて買うときの目安金額 小学生4,000円、中学生8,000円)

スパイクとは平たくいうと野球の試合をやるときに使う靴です。これはグラウンドの外で使うことはなく、グラウンドの中でのみ使用します。普段の生活で使うとスパイクの底がすり減ってしまいすぐに使えなくなってしまうので注意してください。

軟式野球用のスパイクも小学生と中学生で使うものが異なります。中学生用のスパイクは底が金属になっていることが多いのですが、これは小学生の野球では使えないのでスパイクを買うときは小学生用なのか、中学生用なのかに注意して買うようにしてくださいね。

色に関しては以前はチーム同色という決まりがあったのですが、現在はそこまで細かい決まりはないようです。ほとんどが黒色か白色のスパイクなので、これも監督さんなどに自分の野球チームの子供が何を使っているのかを聞いてから買えば間違いないです!

あまり派手なスパイクは悪目立ちするので、軟式野球のスパイクは他の部員と同じものをおすすめします。

 

軟式野球用のユニフォーム

(初めて買うときの目安金額 小学生10,000円、中学生10,000円)

軟式野球ではユニフォームは基本的に試合用と練習用に分かれています。試合用は全員同じユニフォームで所属する軟式野球のチームから支給されます。

ただ練習用のユニフォームは自分で購入をする必要があり色は白が多いです。

ユニフォームの種類は、上着、チームカラーのアンダーシャツ(上着の下に着る肌着のようなもの)、ズボン、ソックス、ストッキング(ソックスの上に履くアキレス腱を保護するもの)、ベルト、帽子が最低限必要なものになります。

保護者の方が初めて子供のユニフォームを買うときに注意することは子供のユニフォームのサイズです。小学生や中学生の子供は成長期に一気に身長が高くなるため、ぴったりサイズのユニフォームを買ってしまうとすぐに小さくなってしまいます。

気持ち大きめサイズのユニフォームを買うようにしてあげると長く練習用のユニフォームを着ることができます。

 

またユニフォームの購入にあたって保護者の方はもう一つ注意することがあります。それは3~4セットくらい購入をしておくことです。軟式野球の練習が週に3日以上ある場合は4セットくらいもっておいたほうが無難です。

というのも軟式野球では雨の中スライディングをしたりすることがあり、多くのユニフォームが白色のため汚れがとても目立ちます。洗濯機だけで汚れが落ちないときはお風呂場で水洗いなども必要になり、そんなときに替えのユニフォームがないと子供が軟式野球をすることができなくなってしまいます。

護者の方は前もって少し多めに少し大きめのユニフォームを購入しておくことをおすすめします。

 

軟式野球の道具の購入で保護者の方にとって難しいことは、どの程度の商品を買えばよいのかという点になるかと思います。子供が軟式野球を始めるにあたっては、必要以上に高いものを買うこともなく、極端に安いものを買うこともないように目安金額を参考にしてください。

 

軟式野球は保護者の仕事や注意点もたくさん!!

 

 

注意を伝えている標識の画像

保護者が軟式野球を観るときに気を付けること

軟式野球の保護者の方に一番気を付けてほしいのが、夏場の熱中症です。

子供の熱中症はもちろん注意しなければならないのですが、軟式野球をしているときに実は子供はこまめに水分補給をしていたり毎日の練習で暑さに慣れていたりします。

 

しかし軟式野球の保護者は炎天下の応援に慣れていない人が多く、そのせいで実は保護者が熱中症になって気分が悪くなり子供の有志を見ることができないという悲しい結果になってしまうこともあります。

軟式野球を観戦するときは保護者の方こそしっかり水分補給などをして備えるようにしてください。

 

保護者同士のお付き合いや子供の送迎、お茶出しなど

子供が軟式野球をやりたいと言い出してから、野球道具を準備して子供に行ってらっしゃいと言って送りだしても保護者の仕事終わりません。実は軟式野球の保護者には子供のためにやることがたくさんあります。

 

もちろんチームによって保護者がどれだけ介入するかは様々ですが一番わかりやすいのが保護者会ですね!これは保護者が集まって懇親会をやったり、保護者それぞれの担当を分けたりします。「

面倒くさい・・・」

と思うこともあるかと思いますが他の保護者がやっているのに自分だけやらないはなかなか通りません。パパ友、ママ友ができたくらいの気持ちで楽しくやれるといいかと思います。

 

試合の時は送迎や応援、お茶出しをすることも

軟式野球の試合は普段から使っているグラウンドだけでなく、相手チームのグラウンドや少し遠い場所に遠征をしたりしなければなりません。子供が電車や自転車で現地に向かえないときは保護者が車で送っていく必要があります。

もちろん自分の子供だけを送ればいいのではなく、保護者の中にはその日どうしても参加することができない人もいるので、そういったときは他の保護者の子供たちも一緒に乗せて現場にいくこともあります。

また試合がはじまれば、子供たちが水分補給をするためのお茶出しや試合中の応援などもしなければなりません。頑張っているわが子を見るのは何物にも代えがたいですが、初めて子供が軟式野球をする姿を見る保護者の方は実は保護者にもやることがたくさんあるということを覚えておいてください。

 

保護者間のトラブルは軟式野球にはつきもの!

人間が2人以上集まればやはり人間関係でのトラブルは起きます。軟式野球の保護者の間でよくあるトラブルが、「なぜ自分の子供がレギュラーになれないのか」や「監督があの子にひいきをしている」などのクレーム、保護者同士の馬が合わないなどの問題です。

軟式野球は9人しか試合に出ることができません。ということはどうしても10人目以降は軟式野球の試合に出ることができなくなってしまいます。

 

今、文章だけを読んでいると当たり前と思うかもしれませんが、自分の子供のことになると熱くなってしまうのが親の性です。自分の子供がレギュラーでなかったり、監督が特定の選手をひいきしたりしていると保護者の間にも知らず知らずのうちに亀裂が入ることがあるので、そういうときは深く入り込み過ぎず話を合わせるだけにしておきましょう。

 

また保護者同士の馬があわないことで起きるトラブルもありこれは本当に悲惨です。

ママ保護者の間でよく起きるトラブルなのですが、知らない間に派閥なども作られはじめ保護者間で仲良しグループのようなものができてしまいます。悲惨なのはママ保護者の間の派閥がパパ保護者や最悪の場合子供にまで影響するということです。

母は強しとはよく言ったものですが、保護者間のトラブルで軟式野球に真剣に打ち込みたい子供に悪影響があったら悲しいですよね。防ぐのは難しいですが、あまり深く入りこまないように、何よりも子供を巻き込まないようにすることは子供が軟式野球を始める前に保護者が考えておくべきポイントかと思います。

 

私の現役時代の友人はこの保護者間のトラブルが原因で退部して別のチームに入らされることになりました。当時はレギュラーに近い存在だったのですが、別の軟式野球チームには新参者として入部したため結局レギュラーになれずに終わってしまいました。軟式野球チームの保護者になる皆様は主役が子供であるということを忘れずにサポートをしてあげてください。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は軟式野球の保護者の方に向けて、子供が軟式野球をやる時に必要になるものなどについて書かせて頂きました。

軟式野球をはじめスポーツは子供の教育にとってとても有意義なものになります。軟式野球の保護者の皆様と軟式野球をやる子供が楽しく軟式野球に関われることを祈っております!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました