野球初心者の適正ポジション3つをご紹介!

初心者向けあれこれ

初めて野球をやる人は誰しも不安に思うのが、野球をやる上でどのポジションに適正があるのか!という点かと思います。

「野球はキャッチボール程度しかやったことがない」
「それぞれのポジションの特徴もよくわからない」
「野球の試合で自分が迷惑をかけて負けたらどうしよう」

などなど野球初心者の方の悩みは尽きません。

そこで今回は野球を初めてやる方に向けてチームのメンバーに迷惑をかけないように、適正のポジションについて解説をしていきます。

同じ野球チームの中に複数初心者がいる場合は早めにこの適正ポジションをやらせてもらえるように直談判をしていきましょう!

今回紹介するポジションは運が良ければ1試合で1球もボールが飛んでこない可能性もあるのでバッティングだけに専念しても問題ない可能性もあります!

野球の初心者がポジション選びで気を付けること

野球には初心者の適正ポジションがある

野球には全部でポジションが9つありますが、実は1試合で動く量はすべてのポジションで同じということはありません。ずっと動いているポジションの人もいれば、1試合で1回も動かないポジションにつく人もいます。

野球初心者の人がポジション選びで気をつけなければならないことは自分が最低限できそうなことを具体的に認識しておくことです。例えば「僕はキャッチボールをしたことがある」では自分がどの程度野球ができるかわかっていないのと同じです。

「僕はフライを捕ることができる」

「僕はキャッチボールでホームベースからセカンドベースまでは狙ったところにノーバウンドで投げられる」

などどれくらいの距離なら正確に投げられるか、どの程度のボールなら捕れるのかを理解しておく必要があります。これによって野球が初めての人の適正ポジションも変わってきます。

具体的な向いているポジションは後述しますが、野球が初めての方はまずは自分の実力を具体的に説明できるようにしましょう。それが具体的になるとおのずと、野球初心者のあなたのポジション適正も見つかってきます。

 

またそれぞれのポジションについて復習をしたい方は下記をどうぞ!野球初心者に向けてポジションやルールなどをまとめてあります!

野球初心者向け!野球で最低限覚えておくべきルールと常識

 

初心者が絶対やってはいけないポジションもある

逆に野球初心者の人が絶対にやってはいけないポジションがあります。つまり適正が無いポジションです。なんとなく想像できると思いますが、【ピッチャー】です。

野球を初めてやる方にとってはピッチャーは誰もが知っている一番カッコよくて、一番有名なポジションだと思いますが、周りにそそのかされても絶対にやってはいけません。野球ではピッチャーがボールを投げなければ試合が始まりません。

もしあなたがピッチャーをやった場合はあなたがボールを投げてプレーが始まることになります。

相手チームに滅多打ちにされる分にはまだいいのですが、ストライクが入らない状態が続くと自分のチームの選手はだんだんと飽きてしまい相手チームの選手は早くピッチャー交代してほしいという目で野球初心者のあなたを見てきます。もう一度言いますが同じ野球チームの人にそそのかされてもピッチャーというポジションには手を出さないようにしてください。

またキャッチャーもNGです。野球初心者の方に対して面白がってキャッチャーをやらせる人はいないと思いますが、キャッチャーは全てのポジションの中で最も多くの戦術を練らないとなりませんし、他の選手に指示をださなければなりません。

そんなことを野球の初心者ができるわけがないですし、初心者でキャッチャーをやっても絶対に楽しくないのでやめておきましょう。

自分が野球初心者であるか否かは関係なく、上記のようなメインポジションに適正が無い人がついてしまうと試合が壊れてしまいますので、難しいと思ったら他の人にお願いできるといいですね!

野球初心者に適性があるポジション3つとは!

野球初心者に適正があるポジション1:ライト

 

ではここからはいよいよ野球初心者に適性があるポジションについて説明をしていきます。

まず紹介したいのがライトというポジションです。ライトは野球の中では外野というくくりの一番右にあります。

ライトを勧めさせて頂きましたが、野球をやるのは初心者でも野球をちょっと知っている人は「え?」と思ったかもしれません。そうです。ライトいうポジションはあのイチロー選手と同じポジションなのです。

「イチローと同じポジションなんてできるわけない」という言われてしまいそうですが、野球初心者がやる場合は話が別になります。

野球初心者の人はおそらく軟式野球をやることになるかと思います。軟式野球ではライトというポジションはあまりボールが飛んでこないポジションなのです。

なぜなら軟式野球はプロ野球と違いレベルがそこまで高くないため、ピッチャーのレベルがある程度高ければ外野に頻繁に飛ぶことはありません。

また外野に飛ぶことがあってもライトは他の外野のポジションに比べてボールが飛んでくる可能性が低いのです。ライトはホームベースから見て右側に位置しており、ライトにボールを飛ばす可能性があるのは左バッターです。

野球においてほとんどのバッターは右バッターであり、左バッターはあまり多くはいないためライトにボールが飛んでくる可能性は必然的に低くなります。

外野というボールが飛んできにくいポジションであることに加えて、軟式野球では左バッターがあまりいないという理由もあるためライトは野球の初心者にとって最も適性があるポジションであるといえます。

 

野球初心者に適性があるポジション2:セカンド

ライトに次いで野球初心者の方に適性があるポジションポジションはセカンドです。

セカンドは先ほど紹介したポジションのライトとは異なり野球では内野というカテゴリーに入るポジションになります。内野のポジションは外野に比べてたくさんボールが来るのですがそれでもセカンドをおすすめするのには理由があります。

一番の理由はライトと同じでホームベースから見て右側に位置しているからです。右側に位置しているということは左バッターでない限りボールがくる可能性は低く、さらに右バッターでも内野の逆方向に飛ぶ打球は弱いぼてぼてのゴロである可能性が高いです。

またセカンドは内野の中で最もファーストまでの距離が近いポジションでもあります。ファーストまでの距離が近いということはボールを投げる距離が短くて済み、ほかのポジションに比べてボールが遅くてもバッターをアウトにすることができる可能性が高いことを表しています。

野球の初心者は強い打球を捕ることや速いボールを投げることに慣れていないので、セカンドはライトに次いで野球の初心者に適性があるポジションであるということができます。

 

野球初心者に適性があるポジション3:センター

野球初心者におすすめのポジションの3つ目はセンターです。

野球の経験者の方からするとレフトのほうがおすすめだという意見もあるかと思いますが、個人的には野球初心者の方にとってはセンターのほうがおすすめしています。

というのも野球を初めてする人にとって一番怖いのはいいプレーができないことではなく、ミスをしてしまうことだと考えているからです。

野球を初めてやる初心者の人は自分がミスをしてしまうことでチームのメンバーに迷惑をかけてしまうと考えている中で、レフトには試合の明暗を分ける打球が飛んでくる可能性が高いです。野球には右バッターのほうが多いため、例えば相手チームの3・4・5番バッターが右バッターだとしたら、ホームラン性の当たりがレフトに飛ぶことも出てくると思います。

そんなとき野球初心者でレフトのポジションを初めてやる方は身体が固まりエラーをしてしまいます。

しかしセンターのポジションはライトほどではないですがボールが飛んでくる可能性は低いですし、隣にはライトとレフトの選手がいるので、取れないボールは経験者のライト・レフトに任せれば大丈夫です。

ボールが飛んでくる可能性と両サイドにカバーをしてくれる人がいるという点でセンターのポジションは野球初心者の人におすすめをさせて頂いております!

番外編:特技を活かして初心者でも適正ポジションを奪う!

番外編ですが、野球初心者でも特技を活かして適正ポジションを奪う方法をお伝えします!ここからは完全初心者の方は将来的にどのポジションを狙うかという点でご覧いただければと思います。

身長が高い・左利き

身長は遺伝によって決まるため努力ではなかなか埋められない才能の1つです。

その身長に恵まれたのであれば、ぜひピッチャーを目指すべきだと思います。背が高い人は相対して腕が長いことも多く、投げるときにボールを長く持つことができます。それがボールの回転数を上げたり、バッターにとって打ちづらくなったり様々なメリットがあります。

また左利きの人もぜひピッチャーを目指してください。ほとんどの人間が右利きの中、左利きのピッチャーは珍しくバッターにとっては慣れていない存在です。

相手が慣れていないのであれば、その分ヒットを打たれる可能性も低くなりますし、身長同様に左利きも一種の才能なのでぜひ自分の才能を生かしてポジションを決めてもらえればと思います。左利きのピッチャー適性はとても高いです。

 

いかがでしょうか?今回は初心者の方の適正ポジションや自分の特技・特徴を生かしてポジションを奪う方法について書かせて頂きました!

経験は必要ですが努力をすればいろいろなポジションができるので、自分がやりたいポジションを目指してコツコツ頑張っていきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました